安倍晋三元総理大臣の突然の訃報に接し


安倍晋三元総理のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

安倍晋三元総理には当協会の名誉顧問としてご尊父の安倍晋太郎元通産・外務大臣の時代から、長年当協会の現地カウンターパートである泰日経済技術振興協会(TPA)、泰日工業大学(TNI)に何度もご訪問の上、その活動をご支援いただきました。特にTNIにつきましては開学に当たり揮毫、植樹そして本の寄贈や学生との交流を通じて、ひとかたならぬ想いと共に、現地人材育成活動にご理解とご協力をいただきました。TNIでは2回植樹をしていただき、最初は開学間もない2009年に「繁栄」の象徴とされる「マヨムの木」を、2回目は2013年総理としてのご訪問時、「支える」を意味するタイ語と発音が類似する「ジャックフルーツ(カヌン)の木」を植樹いただきました。これらの木は現在も大学にて、タイの学生はじめタイ国を見守っております。「繁栄」と「支援」。まさに当協会の設立の理念である「タイと日本の深い人間の絆に基づき、本当にタイ国のためになる仕事を」を象徴したようなこれらの木に安倍名誉顧問の想いを重ね、その意思を継ぎ、役職員一同、今後とも、タイと日本の友好増進のために、精一杯努力する決意です。

 

 

 

 

 

 

2009年植樹マヨムの木(繁栄) /  植樹される安倍元総理  /  2013年植樹カヌンの木(支援)